HOME
 
いままでの活動
 
今年の活動

入会案内
 
ウラヤマ自然保護基金
 
お問い合わせ
 
ショッピング
 
協賛のお願い
 
ウラヤマ会ハイ句イング大賞
 
ウラヤマ会ハイ句イング大賞応募作
 





Designed by
Hirosi Serizawa


ハイ句で楽しいハイキングを!ウラヤマ会ハイ句イング大賞!

ウラヤマアンリミテッド(ウラヤマ自然保護基金)は楽しいウラヤマハイキングをもっと楽しく、そして楽しい思い出を残すために
ウラヤマ会ハイ句イング大賞を実施しています。
ハイキングの思い出を五七五で詠んでみると、自然に出る楽しさはまた一層楽しいものになります。
ウラヤマアンリミテッドはそんなハイ句を募集しています。
季節の節目には楽しい作品を紹介させていただき、年に一度佳作の選句も予定しています。
豪華な賞品も用意しておりますので、ぜひ皆様からの投句お待ちしています。


実施要領    
名称 ウラヤマ会ハイ句イング大賞

 
主催 ウラヤマアンリミテッド(ウラヤマ自然保護基金)

 
実行委員長 吉岡卓身(ウラヤマ自然保護基金理事)

 
実施の規定 会員、非会員を問わず自由に投稿いただく(未発表の作品に限ります)
一人一日5句まで(毎日の投句が可能です)

 
投句方法

(投句時には、作者への連絡が可能なメールアドレス、ご住所、電話番号などをご記入下さい。
なおフェースブック、ツイッターの返信を受信できる場合はフェースブック、ツイッターの返信
機能を利用してご連絡いたしますので個人情報インプットは不要です。)


1)フェースブックページウラヤマ会ハイ句イング大賞のページから投句できます

http://www.facebook.com/haikuing

2)ツイッターウラヤマ会ハイ句イング大賞(@uuhaiku)から投句できます
https://twitter.com/uuhaiku


投句の際に、写真、解説文などを一緒に掲載していただくことも可能です。
ただし、選句の際には写真、解説文などは除外して審査をさせていただきます。
写真、解説文の掲載はツイッター、フェースブックのルールに従ってください。


3)郵送またはファックスによる投句ができます。以下に郵送またはファックスしてください
  郵送先  〒335-0031 埼玉県戸田市美女木1-14-22 佐竹博文宛
   FAX   048-421-9600


 
選句方法

ウラヤマ会ハイ句イング大賞
季節ごとに選出された佳作の中から俳句ととして自然感溢れ共感を呼ぶ作品を基準に選出します

ウラヤマ会ハイ句イング大賞 特別賞
俳句のわくにとらわれず、自然観と自然を愛するもの同士の共感を得ることができる作品を選出します。
佳作に選出されない作品も特別賞の審査対象とさせていただきます。


 
期間 四半期ごとにご投句を4回に分けて審査をし、それぞれ佳作を数点選出する。
(期間での締め切りで、季語による締め切りではありません)

なお四半期の審査は、以下の日程を予定しています。

第1四半期  (12月1日から 2月末日までに投句された俳句)  3月に審査)
第2四半期  ( 3月1日から 5月末日までに投句された俳句)  6月に審査)
第3四半期  ( 6月1日から 8月末日までに投句された俳句)  9月に審査)
4四半期  ( 9月1日から11月末日までに投句された俳句) 12月に審査)


皆様からお寄せいただきました投句の佳作はこちらですウラヤマ会ハイ句イング大賞応募作




四半期ごと、佳作入選者にはフェースブック、、ツイッターの返信機能を通じてご連絡いたします。
また手紙、ファックス、メールなどでご投句いただきました方の入選作には電話、メール、ファックスなどでご連絡いたします。


 
表彰 年末に季節ごとに選出された佳作の中から、

ウラヤマ会ハイ句イング大賞 一句
ウラヤマ会ハイ句イング大賞特別賞 一句
ウラヤマ会ハイ句イング大賞優秀句 数句


を選出し、協賛いただきました記念品を贈呈させていただきます

 
選句者

大賞の選句者  

福島延子氏

中村草田男ゆかりの俳句結社萬緑同人、編集委員、俳人協会会員

代表句  
黒牛は黒を深めて牧閉ざす
初つばめ紐きりきりと畝作り
八月やふり返るたび渓深く 
泉湧くほとりや切に羽づくろふ
つば深き白き帽欲し泉の辺
母のもの洗ひに通ふ初桜
火の消えてより大いなる十夜寺
をみながをみなご産みし嬉しさよ初桜 
風船とび二枚はためく像の耳
晩菊やうなづくのみの母なれど
夕鵙や帰れと母に急かさるる


特別賞の選句者 


西堀岳夫氏 

西堀岳夫(にしぼりたけお)氏略歴
1931年京都生まれ。
工業デザイナー日本インダストリアルデザイナー協会名誉会員
東京工芸大学名誉教授
登山と渓流釣り飛行機、船舶操縦など陸海空のアウトドアーに精通されたアウトドアーズマン
第一次南極越冬隊長の西堀栄三郎氏長男。

 

第2回ウラヤマ会ハイ句イング大賞ご協賛者様(敬称略)


(有) 横浜マリンアンドサプライ

(有) リトルプレゼンツ
(有) トラウター


 

皆様からお寄せいただきました投句の佳作はこちらですウラヤマ会ハイ句イング大賞応募作


UrayamaUmlimited 公式サイト Copyright © UrayamaUnlimited All Rights Reserved
UrayamaUmlimited 事務局:埼玉県さいたま市緑区原山2-33-8-1-803